白鷹山が3勝目、星を五分に戻す 大相撲夏場所6日目・郷土勢

©株式会社山形新聞社

 大相撲夏場所6日目(18日、両国国技館)の郷土勢は、十両の白鷹山(白鷹)が翔猿を押し出して3勝目を挙げ、星を五分に戻した。幕下の琴鎌谷(千葉、佐渡ケ嶽親方の長男)は魁勝を下手出投げで破り、白星先行とした。

 三段目の前田(鶴岡)は、栃満に押し出された。序二段の高倉山(米沢)はすくい投げで二十城を、琴大興(東根)は寄り切りで辰ノ富士を下した。琴佐藤(尾花沢)は小野に、高馬山(米沢)は朝乃土佐にともに寄り切られた。最上錦(大蔵)は桜に寄り切られ3連敗、後がなくなった。ほかは取組がなかった。

あなたにおすすめ