日本代表の西野監督、なぜFW岡崎を選んだ?「代えがいない」とその意図を明かす

ガーナとの国際親善試合に向けた代表メンバーを発表した日本代表の西野朗監督。

所属クラブで出場機会を減らしている選手の名前も多く、代表から遠ざかっていたメンバーも名を連ねた。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

その一人が、レスター・シティFW岡崎慎司だ。

西野監督はなぜ岡崎を招集したのだろうか?

記者会見の質疑応答で「岡崎を選んだ理由とどのような仕事を求めたいか」と問われ、以下のようにコメントした。

西野 朗(日本代表 監督)

「彼が持っているプレースタイルと言うよりは、我々がこれから大舞台で戦っていく上で“止まっている選手”がいたとしたら戦えないと思います。

止まっているというのは体もそうですけど、それを働かせる判断力、頭の動き、ボールを速く動かさないとか。そういうようなタイプの選手ではあのレベルでは戦えないと思います。

岡崎の場合はあのプレミアの非常にタイトな厳しい試合の中で、今でこそ怪我持ちではありますけども、あれだけ体を動かせて、チームに対する貢献度があり、しかもストライカーとしての役割を果たしていく。

そういったゲームの中での総合的な役割というのは代えがないと私は評価しています。

ただ運動量が高いというだけではなく、常に次の二つ、三つ先のプレーに対する貢献度とか献身度とか。それがチームには絶対に欠かせないと判断していましたので。

懸命にトップフォームに戻そうしておりますけども、1ヶ月の猶予があれば彼は良い状態に持っていけるという予測と、それがチームにもたらす想像力を持って彼を選出しました」

©株式会社コリー