北陸・北日本は土曜日も雨 さらなる大雨に警戒 日曜日は広く晴れて行楽日和

©株式会社ウェザーマップ

18日16時までの24時間における積算の降水量

 19日(土)も北陸や北日本では雨が続き、さらなる大雨に警戒が必要となる。一方、関東から西では日中には天気が回復し、20日(日)には北陸や北日本でも晴れ間が戻りそうだ。

土曜日も北日本・北陸は雨つづく

 北日本や北陸では19日(土)の明け方にかけて、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがある。秋田県や山形県ではすでに降り始めからの雨量が150ミリを超えている所があるが、さらなる大雨に警戒が必要となる。

 19日(土)の日中になると、雨の降り方は弱まるものの、日本海側を中心に夜にかけて雨は続く見通し。長時間の雨となるため、引き続き、土砂災害や河川の増水、氾濫、低地の浸水などに警戒が必要だ。
 また、北海道の山間部では雪になる所もあるため、車の運転などは注意が必要となる。

19日の全国の天気予報(数値は予想最高/最低気温)

 一方、関東から西の各地も19日(土)の明け方までは雨の残る所があるが、朝には天気が回復。日中には広い範囲で晴れて、行楽日和となりそうだ。
 気温は18日より大幅に下がる所が多く、夏のような暑さはおさまる見込み。西日本でも25℃に届かない所が多く、大阪では9日ぶりに20℃を下回るかもしれない。また、北海道では10℃に届かない所もあって、4月並みの気温となる見通し。

19日と20日の天気予報(数値は予想最高気温)

日曜日は広く晴れるも沖縄は梅雨空

 20日(日)は大陸から高気圧が張り出してくるため、全国的に晴れる所が多くなる。北日本や北陸の天気も回復し、日差しが戻りそうだ。
 ただ、前線がかかる沖縄と奄美では、曇りや雨とスッキリしない天気となる見込み。梅雨入り以来、ほとんど雨が降っていない沖縄でも、ようやく梅雨らしい空模様となりそうだ。
 日中の気温は北日本や北陸地方では18℃前後、関東や近畿地方は20℃前後、そのほかは25℃前後の所が多い見通し。(気象予報士・多胡安那)

あなたにおすすめ