WRC第6戦:首位スタートのタナク、ポルトガルは「僕らのクルマに合っている」

 WRC世界ラリー選手権第6戦ポルトガルは5月17日、競技初日のシェイクダウンならびにSS1が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTの3台のトヨタ・ヤリスWRCは順調に確認走行を終え、夕刻に行われたSS1に臨んだ。SS1ではオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムをマークし僚友のエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)は総合10番手に。シェイクダウンで最速タイムを記録したヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)は総合13番手で初日の走行を終えている。

 前戦の第5戦アルゼンチンで2018年シーズン初優勝を飾ったトヨタは、ヨーロッパでは今季初ながら前回ラウンドと同様にグラベル(未舗装路)で争われるラリー・ポルトガルでの2連勝を狙う。

 デイ1午前に設けられたシェイクダウンセッションでは、タナク、ラトバラ、ラッピともにクルマのセットアップを確認。各ドライバーとも事前のテストで決めたセットアップからほとんど変更することなくチェックを終えている。

 そのなかで第4戦ツール・ド・コルスから2戦続けてリタイアを喫しているラトバラがシェイクダウンの最速タイムをマーク。復調の兆しをみせた。

 日が傾いた現地19時過ぎに開始されたSS1はグラベルとターマック(舗装路)が入り交じるラリークロスコースが舞台となった。ここで速さを見せたのは前戦アルゼンチンを制したタナクだ。タナクは2台が同時に出走する3.36kmのコースで2分34秒3という全体トップタイムをマーク。ラリー初日を総合首位で終えることとなった。

「(約3万人もの観客に囲まれ)ラリーのスタートに相応しい素晴らしいスーパーSSだった。全力でステージに臨み、そしてベストタイムを記録することができたよ」とタナク。

「僕らにとって最大のチャレンジは明日のデイ2だ。ステージは滑りやすいルーズグラベルで覆われていると予想され、3番手スタートは苦労するはずだ。それでも、土曜のデイ3で良い出走順を得るためにベストを尽くして戦う。そして、もしそれが上手く行けば、デイ3以降はさらにハードに攻めることが可能になるだろう」

「ポルトガルのステージは非常に高速で流れるようなコーナーが多く、僕たちのクルマに合っているコースだと思う。準備は万端だし、自信を持って戦っていくよ」

 また、タナクから1.8秒差の総合10番手につけたラッピは「スーパーSSでは大勢の観客の前を走り最高の気分だったよ!」と長いラリーのオープニングイベントを振り返った。

 シェイクダウンで手応えを感じたというラッピは「クルマのセットアップにはとても満足していて、何も変更しなかった」とコメント。

「順位は7番手だったけど、トップ(のラトバラ)とはたった1秒差だったし、自分にとってはこれまでのなかでベストなシェイクダウンになった。WRカーでのラリー・ポルトガルは2度目の挑戦になるから、去年よりもさらにハードに攻めて、より良いリザルトを残したいと思っているんだ」

 アタック中にタイムロスがあり、結果として総合13番手で初日を終えることとなったラトバラは、ラリー初日を次のように振り返っている。

「シェイクダウンではセッティングを変えることなく3回連続で走り、ファステストタイムを記録。セットアップの正しさを確信した」

「(2戦続けてリタイアを喫しているなかで)僕としては、このラリーが今シーズンのターニングポイントとなることを願っている。そのためにミスのない走りをして、スピードを示したいと考えているよ」

 精彩を欠く結果となったSS1については「スーパーSSでは最後のヘアピンで少しタイムロスをしてしまった」というラトバラ。「何が起こったのか後で調べるが、あまり気にしてはいない。クルマのフィーリングは非常に良いため、とても前向きな気持ちでラリーのスタートをきることができているんだ」

 WRC第6戦ポルトガルのデイ2はSS2~9の計8本のSSが行われ、この内SS2~7はスペイン国境に近い北部のグラベルコースが舞台となる。一日の最後に待ち受けるSS8、9はボルトの街なかに設けられる市街地SSだ。8本のSSの合計距離は148.66km、リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は612.64kmとなる。

©株式会社サンズ