秋田で記録的大雨

土砂災害に警戒

大雨で冠水した道路を進む乗用車=18日午後、秋田市

 秋田市で18日午後10時までの24時間雨量が同地点として観測史上最高の156.0ミリを記録するなど、東北を中心に18日は大雨になった。JR東日本は、盛岡―秋田間の上下線で秋田新幹線の運転を見合わせた。気象庁は東北と北陸では19日にかけて大雨が続く恐れがあるとして、土砂災害や低い土地への浸水に警戒するよう呼び掛けた。

 岩手県一関市では、川に所有する船の確認に行った男性(85)が、帰ってこないと家族から110番があった。岩手県警は大雨で増水した川に転落したとみて、行方を捜している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む