静岡大が浜松医科大との統合検討

再編で経営効率化

 静岡大が、浜松医科大との運営法人統合に向けた検討をしていることが18日、分かった。少子化が進む中、両国立大学法人の統合とともに大学再編も進めて経営効率を高め、競争力強化を図る狙い。

 静岡大は静岡市のキャンパスに人文社会科学部や教育学部などがあり、浜松市のキャンパスには工学部などがある。浜松キャンパスと浜松医科大を一体化して新たな大学とするといった構想が念頭にあるとみられる。

 両大学は4月に共同大学院「光医工学共同専攻」を設け、レーザーなどの光技術を医療に生かす人材育成で連携している。ただ、浜松医科大は「具体的な話を進めているわけでない」としている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る