パナが電動自転車ツアーに参入

レンタルも、市場拡大図る

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
電動スポーツ自転車関連のサービス事業への参入を発表したパナソニックサイクルテックの片山栄一社長(左)=18日午後、東京都内

 パナソニック子会社で自転車の製造販売を手掛ける「パナソニックサイクルテック」(大阪府柏原市)は18日、本年度中に電動アシスト機能付きのスポーツ自転車を使ったサイクリングツアーやレンタルなどのサービス事業に参入すると発表した。観光地から郊外まで足を伸ばしたり、リゾート地の大自然を走破したりして楽しんでもらうことで市場の拡大を図る。

 同社は昨年9月に野山や林道も走れる電動マウンテンバイクを発売し、スポーツ自転車の市場開拓を進めてきた。ただ価格が30万円を超すなど高額で、欧州ほど普及していない。

 片山栄一社長は「まずは体験してもらうことが必要だ」と強調した。

あなたにおすすめ