自然災害で損保2社減益

東京海上は過去最高

 損害保険大手3社の2018年3月期連結決算が18日、出そろった。台風21号や北米のハリケーンなど国内外の自然災害による保険金支払いが響き、MS&ADホールディングス(HD)とSOMPOホールディングスの純利益が前期と比べて減少した。

 東京海上ホールディングスは、トランプ米政権の減税効果で過去最高益を更新した。売上高に当たる正味収入保険料は、主力の自動車保険などが堅調で3社とも増収となった。

 MS&ADHDはハリケーン被害の支払いが負担となり、純利益が前期比26.8%減。SOMPOHDの純利益は16.0%減。東京海上HDの純利益は3.8%増となった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る