放火殺人罪で51歳男起訴

函館のアパート火災

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 北海道函館市のアパートで4月、2階に住んでいた無職木村仁人さん(74)を暴行し焼死させたとして、函館地検は18日、現住建造物等放火の疑いで逮捕された無職斎藤栄容疑者(51)を同罪のほか、殺人、傷害の罪で一括起訴した。地検によると、2人は知人だった。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると、4月28日、アパートの部屋で木村さんの頭部を殴ったり蹴ったりする暴行を加え、倒れている木村さんの体や床に灯油をまいて放火、焼死させたとしている。

 アパートは木造2階建て計6室。捜査関係者によると、2人は事件当日、アパートで一緒に酒を飲んでいたとみられる。

あなたにおすすめ