南果歩との離婚決定の渡辺謙、国内での俳優活動は当面困難か?「CM降板の可能性も」

©株式会社サイゾー

 ハリウッド俳優・渡辺謙と女優・南果歩との離婚が成立したことを17日、双方の所属事務所が明らかにした。すでに、両者間で合意していたが、渡辺が出演していたNHK大河ドラマ『西郷どん』の出番が13日放送回で終了したため、この時期での発表となったようだ。

 渡辺は昨年3月、「週刊文春」(文藝春秋)で元クラブホステスとの不倫が報じられた。翌年の大河ドラマへの出演が決まっていただけに、最悪のタイミングだった。それでも、渡辺は降板せず、昨年7月の会見で、「記事はおおむね事実」と認め謝罪した。渡辺は結婚生活に関し、「続けていければ」と話していたが、夫婦間の修復はならなかった。

 これで、渡辺、南ともに“バツ2”となったが、俳優として、大きなイメージダウンを強いられそうなのが渡辺だ。渡辺にも言い分はあるだろうが、直接的な離婚の原因となったのは、渡辺の浮気とみられる。しかも、不倫交際時期に、南は乳がんで闘病中だったため、渡辺をバッシングする声は少なくない。不貞行為をはたらいた末の離婚とあって、渡辺の俳優としての今後の活動については、暗雲が漂ってきそうだ。

「渡辺は『西郷どん』で、主演の鈴木亮平をはるかにしのぐ存在感を発揮しました。しかし、いくら『世界の渡辺』とはいえ、やはり不倫による離婚とあって、各テレビ局も映画界も、当面起用しづらい状況になるでしょうね。イメージの問題もありますし、ギャラも高いわけですからね。特に、南が病気と闘っている最中の浮気ですから、女性からの支持はガタ落ちです。当分の間、国内での俳優活動は難しいのではないでしょうか。現在出演中のCMも降板になる恐れもありそうですね」(スポーツ紙記者)

 渡辺は7月から英国ロンドンで、ミュージカル『王様と私』に主演するため、5月中に渡英するとみられているが、ほとぼりが冷めるまでは海外を拠点にした活動を余儀なくされそうだ。

「5億円ともいわれる都内の自宅は南の所有となるうえ、渡辺は慰謝料を支払うとみられています。渡辺はほとんど身ぐるみはがされてしまいそうです」(同)

 身から出たさびとはいえ、浮気の代償はあまりにも大きい。渡辺は海外で、やり直すしか道はなさそうだ。
(文=田中七男)

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのままサービスの利用を続けることで、当社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。