週末 気温の急激な低下に注意

金沢 真夏から4月並みの気温へ

©株式会社サニースポット

サニースポットWEB

気象情報サイトです。 可愛らしい不思議な温度計やストームグラス天気管も発売中!

詳細はこちら

きょう(18日)は、日本海を進んだ低気圧や前線に向かって、暖かく非常に湿った空気が流れ込んだ影響で、東北の日本海側の山形県や秋田県を中心に、5月としては記録的な大雨となりました。

さらに、この暖かな空気が各地に高温をもたらして、九州東部や四国、山陰から北陸にかけての日本海側、そして東海地方では、最高気温が30度以上となって、真夏日を観測した所が多くなりました。

しかし、あす(19日)の土曜日は、日本列島を覆っている空気が一変します。

今夜からあすの朝にかけては、低気圧に伴う寒冷前線が日本列島を南下して、前線の北側にあるこの時期としては冷たい空気が、日本海から本州付近に流れ込んでくるでしょう。

このため、九州北部から北の日本海側では、きょうに比べると大幅に気温が下がる予想です。特に、北陸の金沢では、きょうの最高気温は31.8度を観測しましたが、あすの予想最高気温は15度の予想。きょうよりも17度近くも下がりそうです。真夏の陽気から4月上旬へと季節が大きく逆戻りします。

また、太平洋側の各地でも、名古屋や大阪では、きょうよりも8度近くも下がりそうです。気温の急激な低下に伴って、体調管理には十分に気をつけ、服装選びも難しくなりそうです。

■各地のあす(19日)の予想気温(℃)
<都市:最低(前日比) 最高(前日比)>
旭川: 5(-2) 10(-5)
札幌: 6(-2) 10(-5)
釧路: 5(-2) 6(-7)
秋田: 13(-1) 14(-4)
仙台: 13(-5) 20( 8)
新潟: 12(-6) 15(-13)
金沢: 13(-9) 15(-17)
長野: 15(-4) 16(-16)
東京: 20( 0) 27( 0)
名古屋: 17(-4) 23(-7)
大阪: 16(-5) 20(-9)
鳥取: 15(-5) 17(-13)
広島: 18(-5) 24(-2)
高知: 21(-1) 27( 2)
福岡: 17(-8) 22(-7)
鹿児島: 23(-1) 30( 1)
那覇: 25( 0) 31( 1)

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。