体操王者の内村、巻き返し狙う

NHK杯、19日開幕

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
あん馬の公式練習をする内村航平=東京体育館

 体操の世界選手権(10~11月・ドーハ)代表選考会を兼ねた個人総合のNHK杯は東京体育館で19日に女子、20日に男子が争われる。18日に公式練習が行われ、男子で上位2人の代表入りに向け、持ち点となる4月の全日本選手権で3位からの巻き返しを狙う五輪王者の内村航平(リンガーハット)は「ミスなくやれば代表圏内に入れると思う。着地をしっかりとまとめたい」と話した。

 内村は10連覇の偉業もかかるが「代表に入らないとこの先、(2年後の)東京(五輪)への道も見えてこない」と言った。全日本で最年少優勝の19歳の谷川翔(順大)は「美しくきれいな体操をしたい」と語った。

あなたにおすすめ