『世界で最も稼いでいる俳優』は誰だ!?スター達のギャラランキングを発表【2017年度版】

© 株式会社AXNジャパン

きらびやかなハリウッドの世界でも特にトップスターとなるとそのギャラは一般人には想像もつかない程高額になるもの。一時よりもギャラが下落しているとはいえ、それでもビックリするほど稼いでるスター達。『フォーブス誌』が発表した現在のギャラランキングをご紹介しちゃいます!

第10位アクシャイ・クマール

ランキング第10位はアクシャイ・クマール。
ハリウッドスターではなく、インドを代表する「ボリウッドスター」です。

特にアクションを得意とし、俳優業の他にプロデューサーとしても活躍されているそうです。
その年収は第10位にして3550万ドル(約38億7500万円)です。

MUMBAI, INDIA - JANUARY 24: (Editor’s Note: This in an exclusive image of Hindustan Times) Bollywood actor Akshay Kumar poses for a photograph during HT India's Most Stylish Awards 2018 at Yashraj Studio, Andheri, on January 24, 2018 in Mumbai, India. (Photo by Aalok Soni/Hindustan Times via Getty Images)

第9位サルマン・カーン

こちらもまたまたボリウッドスター。
インドってすごい!気になる年収は3700万ドル(約40億4000万円)

ですが、このサルマン・カーンは、4月5日に1998年に絶滅が危惧されている動物(インドレイヨウ)を密猟した罪に問われ、禁錮5年・罰金1万ルピー(約1万6000円)の有罪判決が出たばかり。

その他にも、過去に起こしたひき逃げ死亡事故に関して無罪判決が出ているものの、最高裁で審理中とのことです。

MUMBAI, INDIA APRIL 08: Salman Khan greets fans as he arrives at his house after being granted bail in the 1998 Blackbuck poaching case, in Mumbai. (Photo by Milind Shelte/India Today Group/Getty Images)

第8位シャー・ルク・カーン

またまたまたまたボリウッドスター!
年収は3800万ドル(約41億4800万円)

ボリウッドについて調べてみると、一時期は人気が低迷していた時期もあったそうですが、ここ数年国内での需要が回復していることと、何よりアジア各国に輸出された作品が人気を集めていることで、俳優のギャラも高騰しているそうです。

NEW DELHI, INDIA APRIL 04: Wax figure of Shah Rukh Khan unveiled at the Madame Tussauds in New Delhi. (Photo by Pankaj Nangia/India Today Group/Getty Images)

まさにボリウッドっぽい写真ですね

第7位トム・クルーズ 

お馴染みのトム・クルーズは4300万ドル(約47億円)で第7位。

『バリー・シール アメリカをはめた男』『ザ・マミー 呪われた砂漠の女王』『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の3作品のトータルギャラということですが、1作品あたり約15億円を手にしている計算となります。

LAS VEGAS, NV - APRIL 25: Actor Tom Cruise attends the 2018 Will Rogers “Pioneer of the Year” Dinner Honoring Tom Cruise at Caesars Palace during CinemaCon, the official convention of the National Association of Theatre Owners, on April 25, 2018 in Las Vegas, Nevada. (Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images for CinemaCon)

第6位ロバート・ダウニー・Jr 

2017年は『スパイダーマン:ホームカミング』『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に出演し、合計4800万ドル(約52億4000万円)を手にしました。

父親はマニアックな人気を誇る映画監督のロバート・ダウニー・Sr。
そのため、彼は5歳の頃から子役としてのキャリアをスタートさせました。

両親の離婚後は役者を目指して父親と共にハリウッドへ移住。
キャリアは順調そのものでしたが、自由奔放な父親の元、マリファナを覚え2003年頃までは薬物依存に苦しんだ過去を持ちます。

薬物依存を克服後はハリウッドを代表するスターと言われるようになりましたが、現在は俳優であり息子のインディオが薬物克服のためリハビリを受けており、全力でサポートしているそうです。

LOS ANGELES, CA - APRIL 23: Actor Robert Downey Jr. arrives for the Premiere Of Disney And Marvel's 'Avengers: Infinity War' held on April 23, 2018 in Los Angeles, California. (Photo by Albert L. Ortega/Getty Images)

第5位ジャッキー・チェン

ジャッキー・チェンはその出演料だけではなく、映画プロデューサーとしての収入もトータルした収入だといわれています。

2017年は『レゴニンジャゴー ザ・ムービー』『スキップ・トレース』『レイルロード・タイガー』の3作品にそれぞれ出演・声優としてかかわっているだけでなく製作として名を連ねています。

ジャッキー・チェンといえば、アジアを代表するスターですが、彼の驚くべき生い立ちが明らかとなったドキュメンタリー映画『失われた龍の系譜 トレース・オブ・ア・ドラゴン』は一見の価値あり。
アクションが苦手な方でも、ジャッキーの両親が歩んだ過去や、中国本土に残された(ジャッキーはその存在も知らなかった)兄・姉達との対面など非常に興味深い内容となっています。

SHANGHAI, CHINA - APRIL 22: (CHINA MAINLAND OUT)Jackie Chan attends the premiere of Green Heroes on 22th April, 2018 in Shanghai, China.(Photo by TPG/Getty Images)

第4位アダム・サンドラー

アメリカでは絶大な人気を誇るユダヤ系のコメディ俳優。
映画『サンディ・ウェクスラー』『ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら』『ピクセル』の3本に出演し、本国では大ヒットしました。そんな彼の年収は5050万ドル(約55億1300万円)。

実は彼の実力が認められたのは、脚本家としてのほうが先。
『サタデー・ナイト・ライブ』にレギュラー出演する前は、同番組の脚本家として仕事を得ていました。

2009年以降、『フォーブス』誌が発表している今回ご紹介の高額ギャラランキングの常連で、近年では出演だけでなく製作も多く手掛けています。

NEW YORK, NY - NOVEMBER 27: Adam Sandler attends the 2017 IFP Gotham Awards at Cipriani Wall Street on November 27, 2017 in New York City. (Photo by Roy Rochlin/FilmMagic)

第3位ヴィン・ディーゼル

演劇関係の義父に育てられたヴィン・ディーゼルは、幼い頃から俳優の道を目指します。
大学中退後の20歳頃、俳優を目指してハリウッドへ移住するものの役柄に恵まれない日々が続きました。

ニューヨークへ戻った彼は、短編映画を製作。
それがスピルバーグ監督の目に留まり、『プライベート・ライアン』への出演に結び付きました。

この時彼は31歳。
当時の年収は2万ドルでした。

現在50歳の彼、2017年の年収は5450万ドル(約59億5000万円)
出演作品、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『トリプルX 再起動』を見てもわかるように、出演した作品が軒並みヒットしたことでシリーズ化され連続出演しています。

NEW YORK, NY - APRIL 30: Vin Diesel attends the 45th Chaplin Award Gala Honoring Helen Mirren on April 30, 2018 in New York City. (Photo by Paul Zimmerman/FilmMagic)

第2位ドウェイン・ジョンソン

元々はプロレスラーとして絶大な人気を誇っていたザ・ロック(リングネーム)こと、ドウェイン・ジョンソン。
高校・大学時代とアメフト選手として活躍し、その後プロを目指すものの夢破れ、プロレスに転向。

1試合あたりのファイトマネー40ドルからスタートしました。
その後プロレスの世界で人気者となった彼は日本で試合をしたこともあります。

映画出演は2001年の『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』から。

現在もプロレスラーとして引退はしていませんので、俳優と2足のわらじを履いている状態ですが、そのどちらでも高額のギャラを手にしています。
その年収は6500万ドル(約71億円)。『セントラル・インテリジェンス』『ワイルド・スピード ICE BREAK』だけでなく、ドラマ『ボウラーズ』への出演など多岐にわたります。実は2016年のランキングでは1位でした!

LONDON, UNITED KINGDOM - APRIL 11: Dwayne Johnson, Arrivals for the UK Rampage Premiere, Cineworld Leicester Square, London, 11.04.18PHOTOGRAPH BY Terry Scott / Barcroft Images (Photo credit should read Terry Scott / Barcroft Media via Getty Images)

第1位マーク・ウォールバーグ

日本人にとっては意外かも?な人が1位。

『トランスフォーマー 最後の騎士王』『パトリオット・デイ』『バーニング・オーシャン』といった大作に出演したことが今回1位になった理由のようです。

さらに、この他にもプロテインなどを販売する会社、アスリート向け飲料水販売会社、ハンバーガーチェーンの3つの会社の経営にも携わっているハリウッドきっての成功者!

そんなマーク・ウォールバーグも、ロバート・ダウニー・Jr同様に若いころはドラッグに依存していただけでなく、暴力事件を起こし合計25回も警察の厄介になったそう。
一度は感化院に収容されたこともありますが、その後更生。

兄であるドニー・ウォールバーグは1990年代に大人気だった「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック』のメンバーであり、マーク自身も前進グループのメンバーでした。
自身はラッパーとして2枚のアルバムを発売、その容姿が注目されモデルとしてカルバン・クラインと一時契約していたなど、異色の経歴の持ち主です。

LAS VEGAS, NV - APRIL 24: Actor Mark Wahlberg attends CinemaCon 2018 STXfilms Invites You to an Evening Featuring A Sneak Preview of Their Feature Films at The Colosseum at Caesars Palace during CinemaCon, the official convention of the National Association of Theatre Owners on April 24, 2018 in Las Vegas, Nevada. (Photo by Gabe Ginsberg/Getty Images)

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのままサービスの利用を続けることで、当社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。