キティ新幹線、6月30日から 内装イメージ公開、車内チャイムも限定に

特産品の買い物などができる「キティ新幹線」1号車の内装イメージ(JR西日本提供)

 JR西日本は18日、山陽新幹線でサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」を車体と内装にあしらった500系車両(8両編成)を6月30日から運行すると発表した。特産品販売などを通じて西日本各地の魅力を発信する1号車と、記念撮影ができる2号車の内装も決まり、同社は「キティと旅をしている気分を味わって」とPRしている。

 「ハローキティ新幹線」は、新大阪-博多間を1日1往復。午前6時40分博多発のこだま730号と、午前11時29分新大阪発の同741号として走る。

 1号車の「HELLO! PLAZA」(ハロープラザ)は展示スペースで、キティやピンク色のリボンを施したカウンターがあり、特産品や限定グッズを販売する。地域の見どころを紹介する映像コーナーもある。7~9月はJR西の観光キャンペーンに合わせて鳥取、島根の山陰2県を特集し、10月ごろからは山口県にスポットを当てる。

 2号車の「KAWAII! ROOM」(かわいいルーム)は、床や自由席(85席)の頭部カバー、扉などにキティの世界観を表現。前方には自由に触れるキティが1体あり、記念撮影を楽しめる。車内のチャイムは「ハローキティ新幹線」限定のものに変更する。(竹本拓也)

Follow

神戸新聞

on

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい