中2自殺で第三者委員会設置へ 21日に初会合 兵庫・尼崎市教委

女子中学生の自殺を受け、尼崎市教委は有識者らによる第三者委員会の21日設置を発表。写真は尼崎市役所=尼崎市東七松町1

 兵庫県尼崎市内の中学2年の女子生徒=当時(13)=が昨年12月に自殺したことを受け、同市教育委員会は18日、有識者らによる第三者委員会を21日に設置し、初会合を開くと発表した。大学教授や小児科医、精神保健福祉士、警察OBらが委員を務める。

 生徒が通っていた中学校は、これまで全校生徒対象のアンケートや一部生徒への聞き取りを実施。この時点でいじめと断定する事実は出てこなかったが、完全に疑いを否定できないことなどから、市教委が詳細な調査を第三者委に委ねることとした。メンバーは市が常設している「尼崎市いじめ問題対策審議会」の7人のほか、弁護士や臨床心理士らが臨時委員に加わる。

 一方、生徒の母親らも18日に会見。独自に行った聞き取り調査などから「いじめはあったと確信している」とした上で、「何があり、学校側がどう対応したのか、事実関係をはっきりさせてほしい」と訴えた。(岡西篤志)

Follow

神戸新聞

on

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい