陸自のヘリ墜落、データ異常なし

防衛省は近く中間報告へ

 佐賀県神埼市で2月、陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが住宅に墜落した事故で、機体の状態や操縦士の音声などを記録したメンテナンスデータレコーダーから取り出したデータを防衛省が解析した結果、墜落直前まで異常なものはなかったことが18日、同省幹部への取材で分かった。陸自の調査委員会は、機体自体の不具合や整備ミスなどがあった可能性も含め調べている。

 防衛省の内規では、発生から4カ月以内に調査委から防衛相に事故原因を報告するのが原則だが、部品を製造した米国のメーカーとのやりとりなどに時間がかかっており、困難な見通し。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む