バスケの八村、米から一時帰国

W杯予選、日本代表の活動に参加

八村塁(ゲッティ=共同)

 日本バスケットボール協会は18日、男子で全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大に所属する八村塁が2019年ワールドカップ(W杯)アジア1次予選に臨む日本代表の活動に参加するため、一時帰国すると発表した。帰国日は調整中だという。

 日本代表は6月29日に千葉市でオーストラリア、7月2日に台北で台湾代表と戦う。代表入りするかどうかは、練習の動きなどで最終判断される。20歳の八村は今季、ゴンザガ大が所属するウェストコースト・カンファレンス(WCC)の試合でチーム最多の1試合平均12.9点を挙げるなど活躍。代表での活躍にも期待が高まっている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む