明治神宮、神様がお引っ越し

屋根工事控え「仮殿遷座祭」

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
明治神宮で行われた「仮殿遷座祭」で、ご神体を仮殿に移す神職ら=18日夜、東京都渋谷区

 2020年の創建100年に向け社殿の屋根の修繕を進める明治神宮(東京都渋谷区)で18日、本殿の工事着手前にご神体を仮殿に移す「仮殿遷座祭」が行われた。

 遷座祭は午後7時から始まり、かがり火が消された暗闇の中、中島精太郎宮司ら神職が、あんどんのわずかな明かりを頼りに、ご神体を本殿から運び出した。白い幕で囲われたご神体は、雅楽の音色と、列をなした神職らの「オー」という掛け声とともに仮殿へと移され、辺りは厳かな雰囲気に包まれた。

 ご神体は工事が終わる19年夏ごろ、仮殿から本殿に戻される。

 明治神宮は1945年の空襲で主要な建物が焼失し、社殿は58年に再建した。

あなたにおすすめ