元ロシア情報機関員が退院

英神経剤襲撃事件

 【ロンドン共同】英南部ソールズベリーで元ロシア情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏らが神経剤で襲撃された事件で、地元病院は18日、スクリパリ氏の退院を発表した。

 事件は3月に発生し、スクリパリ氏と娘のユリアさんが重体となった。スクリパリ氏は4月に退院したユリアさんと共に、英国内の安全な場所で療養するとみられる。

 英捜査当局はロシア政府の支援を受けた容疑者らが、スクリパリ氏の自宅玄関の取っ手に神経剤ノビチョクを塗って殺害を図ったとみて調べを進めている。ロシアは関与を否定している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む