県内9地点で真夏日 

 県内は18日、南からの暖かい空気が流れ込み全域で気温が上昇した。上越市(高田)で今年の最高気温となる31・5度を観測するなど、県内9地点で30度を超える真夏日となった。

 新潟地方気象台によると、真夏日になったのはほかに柏崎市31・0度、糸魚川市30・9度、三条市30・7度、新潟市東区(松浜町)では5月の観測史上最高となる30・5度、胎内市(中条)30・4度、魚沼市(小出)30・2度、長岡市30・1度、新潟市西蒲区(巻)30・0度。県内29地点のうち14地点で今年の最高気温を更新した。

 19日の県内は、寒気の影響を受けるため気温が下がる見込み。19日明け方にかけて雷を伴う激しい雨が予想され、気象台は土砂災害や突風、ひょうに注意を呼び掛けている。19日午後6時までに予想される24時間降水量は多い所で、下越120ミリ、中越と上越で90ミリ、佐渡70ミリ。

©株式会社新潟日報社

新潟日報モア

新潟日報が提供する県内各地の最新ニュースの他、鉄道特集・イベント観光情報・釣り情報など、新潟の「旬」をあなたにお届けします。

新潟の高校野球ならスポーツモア