大関高安が夏場所全休へ

名古屋場所はかど番

 大相撲夏場所6日目の18日、途中出場の可能性があった東大関高安(28)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が全休すると師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が明らかにした。7月の名古屋場所は2度目のかど番となる。

 高安は場所前に左上腕付近を痛め、初めて初日から休場した。田子ノ浦親方は順調に回復していることを認めたが「中途半端に出るくらいなら次の場所に向けた方がいい」と話した。大関以上の途中出場は極めて異例。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る