WHOがエボラ熱感染拡大に警鐘

 【カンパラ共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北西部で流行しているエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は18日、感染拡大のリスクが非常に高まったと発表した。ロイター通信が報じた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む