WHOがエボラ熱感染拡大に警鐘

 【カンパラ共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北西部で流行しているエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は18日、感染拡大のリスクが非常に高まったと発表した。ロイター通信が報じた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る