ホタル乱舞、星々と競演 五木村の公園

©株式会社熊本日日新聞社

五木源パーク内に設けられた水路の上を舞うゲンジボタル。画面上は星の軌跡=17日午後8時50分ごろ、五木村(露出10秒の31枚を合成)

 川辺川ダムで水没予定だった場所にある五木村頭地の公園「五木源パーク」内の水路で、ゲンジボタルが飛び始めた。ダム計画に伴う家屋移転前のホタルの乱舞を再現しようと、地元住民グループが育成に取り組んでおり、6月上旬まで楽しめそう。

 住民グループ「交響楽の里推進協議会」のホタル育成部長、平野安美さん(62)によると、6年前にホタルの育成をスタート。今年は同公園や小八重橋近くの国道445号から坂道を下った旧道沿いで見られるという。

 17日夜、同公園では午後7時半ごろから飛び始めた。約200匹がゆっくりと光跡を描く一方、夜空には春~夏の星々が瞬き、“光の競演”が見られた。

 同会は6月2日午後6時半から観賞会を計画。五木村観光案内所TEL0966(37)2611。(鹿本成人)

あなたにおすすめ