最年少、藤井七段が誕生

将棋、61年ぶり加藤九段抜く

将棋の竜王戦ランキング戦5組の準決勝で勝利し、史上最年少の15歳9カ月で昇段した藤井聡太七段=18日午後、大阪市の関西将棋会館

 将棋の藤井聡太六段(15)は18日、竜王戦ランキング戦5組の準決勝で勝ち、規定により史上最年少の15歳9カ月で七段に昇段した。1957年、加藤一二三・九段(78)が記録した17歳3カ月を61年ぶりに塗り替える快挙を成し遂げた。2月1日に五段、同17日に六段となったばかりで、驚異的なスピードで昇格を果たした。

 大阪市の関西将棋会館で指された準決勝で、船江恒平六段(31)を72手で破って決勝に進み、4組へ昇級、前期に続き上のクラスへ昇格した。

 規定では竜王戦のランキング戦で、2回連続で昇級すれば七段となる。

藤井聡太七段の誕生を祝い、垂れ幕を掲げる地元のファンら=18日午後9時ごろ、愛知県瀬戸市
史上最年少の15歳9カ月で昇段し、大勢の報道陣に囲まれる将棋の藤井聡太七段(中央左)=18日午後、大阪市の関西将棋会館

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む