BMW X3 新型の一部モデルにHUDを追加、安全性能向上

©株式会社イード

BMW X3 xDrive20d Mスポーツ

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『X3』の一部モデルにヘッドアップディスプレイ(HUD)を標準装備とし、5月18日より新価格にて販売を開始した。

今回、新型X3の「xLine」および「M Sport」モデルにHUDを標準装備し、安全性を高めた。HUDはドライバーが運転中に視線を大きく動かすことなく、前方に集中できるよう、必要な情報をドライバーの視界内の見やすい位置に表示するシステム。部分自動運転やストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール、車速、ナビの案内、オーディオなどの情報を表示する。

価格はxDrive20i xLineが699万円(旧価格684万円)、xDrive20i M Sportが702万円(同687万円)、xDrive20d xLineが724万円(同707万円)、xDrive20d M Sportが727万円(同710万円)。

あなたにおすすめ