政府、特定秘密で厳格化を通知

情報入手前の「あらかじめ指定」

 政府が、特定秘密保護法の運用を巡り、情報入手前から重要な内容だと見込んで事前に特定秘密にする「あらかじめ指定」を行う場合、情報が得られる可能性をより厳格に検討するよう求める通知を出していたことが18日、分かった。衆院情報監視審査会が昨年3月に議決した報告書で事前に指定したのに情報が得られず、解除された例があったことを批判し、改善を求めていた。

 通知は昨年11月、内閣官房内閣情報調査室次長が特定秘密の指定権限を持つ20の行政機関の担当局長らに対し出された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る