政府、特定秘密で厳格化を通知

情報入手前の「あらかじめ指定」

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 政府が、特定秘密保護法の運用を巡り、情報入手前から重要な内容だと見込んで事前に特定秘密にする「あらかじめ指定」を行う場合、情報が得られる可能性をより厳格に検討するよう求める通知を出していたことが18日、分かった。衆院情報監視審査会が昨年3月に議決した報告書で事前に指定したのに情報が得られず、解除された例があったことを批判し、改善を求めていた。

 通知は昨年11月、内閣官房内閣情報調査室次長が特定秘密の指定権限を持つ20の行政機関の担当局長らに対し出された。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。