エボラ出血熱が感染拡大の恐れ

コンゴ、WHOが警鐘

©一般社団法人共同通信社

コンゴ(旧ザイール)・キンシャサ

 【カンパラ共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)北西部の赤道州で流行しているエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は18日、人口100万人前後の州都ムバンダカでも1人が感染し、感染拡大のリスクが非常に高まったと発表した。ロイター通信が報じた。

 州都で多くの住民が感染者に接触した可能性がある。一方、国際社会へのリスクは現時点では低いという。

 コンゴ保健省によると、赤道州一帯では4月以降、14人が感染し、感染疑い例は31人に上る。計45人のうち死者は20人を超えた。WHOは感染拡大阻止のため、開発中のワクチンをコンゴに発送した。