イラン核合意の維持を確認

河野氏と独仏外相、電話会談

 河野太郎外相は18日、ドイツのマース外相、フランスのルドリアン外相と相次いで電話会談し、トランプ米政権が離脱を表明したイラン核合意について、引き続き維持する方針を確認した。今後の対応を巡り緊密に連携する考えでも一致した。

 核合意は、イランが核開発の大幅な制限を受け入れ、欧米が経済制裁を解除する内容。

 河野、ルドリアン両氏は、北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を実現するため連携すると合意した。河野、マース両氏は日独関係の発展に向けた協力促進を申し合わせた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む