清宮に代えて杉谷 7回の代打攻勢実らず、ハム栗山監督「勝負にいった」

©株式会社Creative2

日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

7回に岡、杉谷、鶴岡と3者連続で代打起用も得点ならず

 日本ハムは18日、本拠地・札幌ドームで楽天に0-3で敗れた。楽天の先発・辛島に6回まで3安打無失点に抑えられ、7回以降は継投に封じられた。零封負けは今季6度目となった。

 2点を追う7回に仕掛けた代打攻勢も実らなかった。先頭のレアードが中前打で出塁すると、楽天は2番手の青山から3番手の高梨にスイッチ。ここで栗山監督は石井一に代えて、岡を送り込む。岡が三ゴロに倒れると、清宮に代えて杉谷を起用。杉谷が一ゴロに打ち取られ、相手投手が4番手の宋家豪に代わると、今度は清水に代えて鶴岡を打席へ。だが、鶴岡の打球は左翼正面への当たりで、得点を奪えなかった。

 試合後、栗山監督は7回の代打攻勢について「中々ああいうタイプの左(高梨)というのは、左バッターにはきついと思ったので。あの回1点を取らなければというところ。勝負にいったつもりですけど、申し訳ないです」と話した。

 先発の高梨は6回までペゲーロのソロによる1失点で踏ん張っていたが、7回と8回に手痛い追加点を許した。右腕について指揮官は「ボールは良かったし、先に点を取ってあげたら勝てたと思う」と評価し、援護できなかったことを悔やんだ。

 19日の楽天の先発は、12日オリックス戦で完封勝利を挙げている則本。「誰がとか関係ない。必死になって食らいついていくしかないので、続けて負けないように一生懸命やります」と栗山監督は前を向いた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

あなたにおすすめ