『あなたには帰る家がある』ついに“生霊化”した木村多江! 今度は旅行先に突然現れ……まだまだ続く「綾子事変」! 

©株式会社サイゾー

 中谷美紀主演のドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系)の第5話が放送され、平均視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録。前回から1.5ポイントアップしました。

 前々回は9.1%、前回は6.5%。そして今回が8.0%と、平均視聴率のアップダウンが激しいドラマ。原作によれば次回以降も見どころはたくさんあるので、このまま上昇していくといいのですが……。

 ではでは、今週もあらすじから振り返っていきましょう!

(これまでのレビューはこちらから)

■しつこい茄子田夫婦に翻弄される真弓!

 前回から茄子家に出向き綾子(木村多江)と直接対決の末、「うちの家族に近づくな!」と宣言した真弓(中谷美紀)は、怒りが収まらないまま帰宅。夕食の準備をしている秀明(玉木宏)に真弓は、綾子の取った行動をすべて話し「あの女はヤバイ」と訴える。

 真弓の言う綾子の様子が知っている綾子とは違うため、半信半疑な顔を浮かべる秀明。しかし、真弓に責められた秀明はとっさに「茄子田家とはもう関わらないし、何かあったら真弓を守る」と宣言する。

 一方、これまでの出来事や真弓の言葉を思い返し、綾子と秀明の関係に気付き始めた太郎(ユースケ・サンタマリア)は、綾子に対して地味な嫌がらせを始める。そんな太郎の様子に綾子は秀明との関係がバレているかもと不安に。これを餌にもう会わないと約束した秀明を無理やり呼び出し、「夫に浮気したと告白したほうがいいのかも」と泣きながら相談するも、焦った秀明は「絶対に言うな」と諭す。

 ある日、自分たちのせいで娘の麗奈(桜田ひより)を不安にさせまいと、秀明は家族旅行に出かけることを提案。これを機に真弓との関係も完全に修復したいと考えていたのだった。

 そして、旅行当日。現地に到着した佐藤家は家族水入らずの時間を楽しむが、途中で偶然を装った茄子田家と遭遇してしまった。

 なんとか、茄子田家と距離を持とうとする佐藤家。しかし翌朝、真弓がジョギングをしていたところに太郎が現れ、秀明と綾子の関係を問い詰める。太郎の尋問に、ただただ涙を溜めて黙るだけの真弓。そんな姿に業を煮やした太郎は、急に走り出した。

 一方、秀明は旅館の入口で真弓の帰りを待っていたところ、突然目の前に綾子が現れ動揺する。そんな中、走ってきた太郎が2人の間に攻め込む。だが、太郎は何も言わぬまま、タクシーに乗り込み去っていってしまったのだった、というのが第5話の内容でした。

■今週も「綾子事変」がキレッキレ!

 4話で真弓の職場にメンチカツを持っていくという暴挙で視聴者を楽しませてくれた綾子ですが、まだまだ「綾子事変」は継続中。今回はなんと、佐藤家の家族旅行にしれっと現れ、さらに温泉でも真弓と出くわし、秀明が「顔のほくろをかわいいってほめてくれたの」と自慢……。もう怒りを通り越して恐怖。ここまでくると、マウンティングでもストーカーでもなく、佐藤夫婦に取り付く“生霊”です。

 また、綾子について語る姑の言葉も、秀明の会社の後輩・森永桃(高橋メアリージュン)の言葉も辛らつ。確かに関わってはいけない女なのですが、どうしてそうなってしまったのかという部分が気になる。きっと救いようのない恋ばかりしてきたんでしょうね……。今後、その部分が解明されることを期待したいところです。

■口は達者だけど、小心者の太郎

 今回、綾子と秀明の関係にやっと気づく太郎。しかし、裏切られた気持ちで怒りがこみ上げている割には、復讐が小さい。

 まず、綾子の大切にしていたピクニックセットの皿をわざと割るんですが、見ていて「やることがちっさ!」と思わず突っ込んでしまいそうに……。夫婦2人きりになって綾子をドヅメすればいいのに……。綾子に何か弱みでも握られているのでしょうか。

 また、旅行先でジョギングをする真弓を待ち伏せして、綾子と秀明の関係を問い詰めるんですが、真弓には厳しく追及する割に、その後、綾子と秀明がいるところに行くと、綾子を見るや否や、何も言わずタクシーに乗って逃げ出す……。もう謎すぎてよくわかりません。次回以降、太郎という男の本当の姿が描かれることに期待したいです。

■原作者も嘆く!? ちょっとさびしい脇役の扱い

 脇役の中で、特に気になるのが高橋メアリージュン演じる森永なのですが、彼女の扱いがとてつもなく雑。原作では秀明に恋をするも、秀明が女性とホテルへ行くところを目撃し、妻子持ちと知って会社を退社。さらに、ホテルに行った相手が浮気相手をいう事実を知ってショックを受け、真弓にその事実を伝えてしまうという、物語に重要な役柄なのですが、ドラマではゆとり教育を受けたキラキラ女子社員で、あまり重要な役柄になっておらず、正直残念です。原作者の山本文緒氏も自身のTwitterで「メアリージュンにも見せ場を!」と発言していましたし、何かしらの思い入れがあるのかも!? もう少し出番を増やしても良いかもしれません。

 そして、今回もう一人気になった人物が。トリンドル玲奈演じる真弓の年下の同僚・小島希望です。1、2話ではそれなりに出番があり、真弓や由紀(笛木優子)とともに行動するようなフラグが立っていたんですが、4話から急に出演がなくなり、いつの間にか公式ホームページの人物相関図からも写真のみならず丸ごと消去……。これについては、ネットでも臆測を呼んでおり、「スタッフとトリンドルの間で何かあったのでは?」と勘ぐる人も。一体なぜ……謎が深まるばかりです。

 以上、第5話のレビューでした。

 次回は、綾子がついに佐藤家に乗り込み、とんでもない行動を実行します。予告を見る限り、原作同様の事件が勃発するよう。物語の山場と言っても過言ではない展開が待ち構えているので、期待して放送を待ちましょう!

(文=どらまっ子KOROちゃん)

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。