バイエルンFWヴァークナー、W杯落選で突如代表引退!

©株式会社コリー

『Sportnet』は17日、「バイエルン・ミュンヘンのFWサンドロ・ヴァークナーは、ドイツ代表からの引退を表明した」と報じた。

先日発表されたドイツ代表メンバー。30歳のサンドロ・ヴァークナーは招集されることはなかった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

また、ヨアヒム・レーフ監督は「マリオ・ゴメスとニルス・ペーターゼンで迷った」と説明し、ヴァークナーは最終的な検討にも入っていなかったことを公言している。

それを受けてヴァークナーは『Bild』に対して以下のように話し、ドイツ代表から引退することを表明した。

サンドロ・ヴァークナー 「僕にとっては明白だ。このコーチングチームに合わないように見える。

自分の方針は常にオープンで、正直で、そして直接的なものなんだ。

落選が残念ではなかったと言ったら、それは嘘になるだろう。ワールドカップは素晴らしいものだ。真面目に受け取ることができないよ。

しかし前にも言ったように、人生にはサッカーよりも重要なことがたくさんある」

あなたにおすすめ