「ゲーム1本足」の経営見直し

ミクシィ次期社長

©一般社団法人共同通信社

インタビューに答えるミクシィ次期社長の木村弘毅氏

 会員制交流サイト(SNS)などを手掛けるミクシィの社長に6月就任する木村弘毅取締役(42)は共同通信のインタビューに応じ「ゲーム1本足」で稼ぐ現在の経営を見直し、スポーツや健康といった分野で新事業を育てる考えを示した。収益の安定化が狙いだ。スマートフォン向けゲーム以外の売上高の比率を現在の約1割から10年後までに7割に高める。

 今後の事業について「10年後までに3本の柱をつくる」と述べた。新事業創出に向け5年以内に1千億円規模を投資する方針で、サッカーチームへの出資や高齢者向けの運動の研究に取り組む。