平昌銀の宇野や本田3兄妹華麗に舞う 大津でアイスショー

©株式会社京都新聞社

華麗な演技を見せる宇野昌磨さん(大津市・県立アイスアリーナ)

 一流のフィギュアスケート選手らが共演する「プリンスアイスワールド」の滋賀大津公演が19日、大津市瀬田大江町の県立アイスアリーナで開かれた。五輪のメダリストを含む豪華な顔ぶれのゲスト出演者を一目見ようと4千人超のファンが詰めかけ、氷上で繰り広げられる華麗なエンターテインメントに酔いしれた。

 公演は滋賀では10年ぶりの開催。平昌五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨さんをはじめ、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔さん、5位入賞の安藤美姫さん、若手のホープで京都市出身の本田真凜さん、太一さん、望結さんの3兄妹らが勢ぞろいした。

 多彩な音楽と照明が交錯する銀盤にスケーターが登場すると、大きな歓声と拍手が飛んだ。観客たちは時に手拍子で会場を盛り上げ、流れるようなジャンプやスピンの美技に見入っていた。公演は20日も2回ある。