中国、対米輸入を「大幅増」

米赤字削減、知財保護強化

コンテナを搭載し、山東省青島を出航する大型貨物船=4月、青島(AP=共同)

 【ワシントン共同】米中両政府は19日、米首都ワシントンで17、18日に開いた貿易協議の共同声明を発表した。米国の対中赤字を「相当削減する」ことで合意し「中国は米国の製品やサービスの購入を大幅に増やす」と明記。知的財産権の保護強化も盛り込んだ。ただ「引き続き協議し、懸念解消を探る」とし、全面合意には至らなかったことを明らかにした。

 米国は知財権侵害を理由に幅広い中国製品に25%の追加関税を課す厳しい制裁の発動を検討し、中国は報復に打って出る構えを見せる。貿易協議は中国の譲歩で進展しつつあるが、決着は依然見通せず、双方が制裁を連発する貿易戦争の火種は残った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS