日本代表GK中村航輔、「頭から落下」の負傷シーンが完全に恐怖だった…

©株式会社コリー

ワールドカップに向けた中断前、最後の開催となったJ1第15節。

名古屋グランパス対柏レイソルの試合では、日本代表GK中村航輔にアクシデントがあった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

2-3と柏がリードし迎えた後半アディショナルタイム…

※05:24から

名古屋は畑尾大翔のパスにFWジョーが反応し、浮き玉を左足でシュート。中村はこれを防ごうと飛び出すも、ジョーに体を巻き込まれる形で転倒し頭から地面に落ちたのだった。

これは完全に恐怖…。

結局中村はプレー続行が不可能となり、担架で運ばれるとともに試合も終了となった。

試合後、柏の加藤望監督は「ドクターが確認中でして、まだ詳細の連絡は来ていないです。最初、少しもうろうとした感じはあったと聞いたんですけど、意識はハッキリしているようです」とコメント。

その後、柏は公式サイトで中村に容態について「脳しんとう、頸椎捻挫と診断されました。本日は大事を取って入院し、経過を観察してまいります」と発表した。

日本代表への合流も心配されるが、とりあえず重症でないことは確かであるようだ。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています