アーセナルファンのあなたは分かる?「ヴェンゲル、最初のスタメン11人」

©株式会社コリー

22年間指揮したアーセナルを退任したアーセン・ヴェンゲル監督。

全1235試合で、706勝280分248敗という戦績を残した。『BT Sport』によれば、その間、起用した選手は222人にものぼるとのこと。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

そして、ヴェンゲル監督がアーセナルでのラストマッチとなるハダーズフィールド戦で送り出したスタメンはこのような面子だった。

GK:ダビド・オスピナ

DF:エクトル・ベジェリン

DF:ロブ・ホールディング

DF:シュコドラン・ムスタフィ

DF:セアド・コラシナツ

MF:グラニット・ジャカ

MF:アーロン・ラムジー

MF:アレックス・イウォビ

MF:ヘンリフ・ムヒタリャン

FW:ピエール・オーバメヤング

FW:アレクサンドル・ラカゼット

では、アーセナルでのヴェンゲル監督の最初のスタメンはどうだったのか。

1996年10月のブラックバーン戦で起用した11人はこのような面子だったそう。

GK:デイヴィッド・シーマン(元イングランド代表)

DF:リー・ディクソン(元イングランド代表)

DF:トニー・アダムズ(元イングランド代表)

DF:スティーヴ・ボールド(元イングランド代表)

DF:マーティン・キーオン(元イングランド代表)

DF:ナイジェル・ウィンターバーン(元イングランド代表)

MF:ポール・マーソン(元イングランド代表)

MF:デイヴィッド・プラット(元イングランド代表)

MF:パトリック・ヴィエラ(元フランス代表)

FW:ジョン・ハートソン(元ウェールズ代表)

FW:イアン・ライト(元イングランド代表)

GK:デイヴィッド・シーマン

DF:リー・ディクソン

DF:トニー・アダムズ

DF:スティーヴ・ボールド

DF:マーティン・キーオン

DF:ナイジェル・ウィンターバーン

MF:ポール・マーソン

MF:デイヴィッド・プラット

MF:パトリック・ヴィエラ

FW:ジョン・ハートソン

FW:イアン・ライト

守備的な布陣にも思える。『Transfermarkt』によれば、5-3-2のフォーメーションだったそう。

ただ、試合はライトの2発で敵地で0-2の勝利を収めている。