丸好食堂|福岡県久留米市|ラーメン焼きめし

©岩下雄一郎

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

日本中のラーメンを食べ歩いてるラーメンプログラマーです。 大豆を蒸すビーンズボイラニストとして勤務後にプログラマーに転職。何も決めずに退職したらフリーランスになってました。 定職なし、金なし、車なしと色々ないですが「ラーメン食べて飯を食う」という夢はあり。ラーメンをススって楽しく生きています。

岩下雄一郎の記事一覧を見る

食堂系の老舗 丸好食堂

福岡県久留米市にある丸好食堂に行ってまいりました。西鉄津福駅、西鉄安武駅のやや津福駅よりくらいの場所にあるお店です。

お店の前には看板も出ていました。

お店の前が駐車場になっており、けっこうな広さがあります。

丸好食堂の営業時間は10:00~23:00まで。通しで営業されています。

開放感のある店内

店内に入ると左手にはカウンター席。

右手にはテーブル席が並んでいます。そしてテーブル席をL字に囲うように窓際にはお座敷。

広々とした店内です。

メニューはまさに街の食堂

メニューはラーメンをはじめチャンポン、焼きそば、焼きめし、野菜いため、肉いため、ホルモン、目玉焼、焼肉、餃子、酢豚、豚汁、スープ、冷ヤッコ、めし、ゆで玉子と食堂というだけあってバラエティ豊か。飲み物はビールに酒、焼酎、ジュースとなってます。今回はラーメン(500円)と焼きめし(500円)を注文。

調味料

卓上にはコショウや唐辛子、塩、醤油、ソースといった調味料が用意してあります。

ラーメンと焼きめし

こちらが丸好食堂のラーメンと焼きめし。

丸好食堂のラーメン

ラーメンのトッピングはチャーシューに玉子、紅ショウガ、のり、ネギとなってます。

よくきいている塩気がスーっとやってくるスープ。口当たり自体はすっきりとしていて、じわりじわりと旨みが広がってまいります。紅ショウガからでしょうか、少し刺激的なピリピリさがある。醤油ダレもきいているようで、いい意味で豚骨豚骨しすぎてないです。それでいて豚骨の風味も十分に楽しめました。

麺はやや細めのストレート。茹で上がりは普通からやや柔らかめでしょうか。ススるとツルツルとした食感が楽しいです。徐々にスープに馴染んできますが、その食感は保たれていました。

チャーシューはほんのりとした味付け。とても柔らかい仕上がりです。素材そのものの風味が味わえました。

まろやかな焼きめし

焼きめしは香ばしい風味がフワッと広がってきます。コクがあってまろやかな味わいです。

塩気もほどよく、ラーメンと一緒に食べても辛すぎない。後にはそのコク、まろやかさの余韻が楽しめました。

店内は座席数も多く開放的で、まさに食堂といった雰囲気です。この日は平日の13時半前くらいに伺いましたが、コンスタントにお客さんがいらっしゃってました。焼きそばやチャンポンも人気のようです。のんびりと昼食をとられている方や、仕事の合間に食事に来られた方など多くの方に親しまれているお店のようでした。

  • 訪問日 :20161027
  • 店名  :丸好食堂
  • 住所  :福岡県久留米市安武町安武本3057
  • 電話番号:0942-26-2331
  • 営業時間:10:00~23:00
  • 休業日 :日曜・祝日
  • 駐車場 :有(25台)