丸幸ラーメンセンター|佐賀県基山町|ラーメン

©岩下雄一郎

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

日本中のラーメンを食べ歩いてるラーメンプログラマーです。 大豆を蒸すビーンズボイラニストとして勤務後にプログラマーに転職。何も決めずに退職したらフリーランスになってました。 定職なし、金なし、車なしと色々ないですが「ラーメン食べて飯を食う」という夢はあり。ラーメンをススって楽しく生きています。

岩下雄一郎の記事一覧を見る

国道3号線沿いにある丸幸ラーメンセンター 基山本店

佐賀県三養基郡基山町にある丸幸ラーメンセンター 基山本店に行ってまいりました。広大な駐車場を持つお店で、トラックやバスなどの大型車も駐車できます。

国道3号線を挟んで斜め向かいにも駐車場がありました。

駐車場も広いですが、お店自体も大きいです。

店舗の前にある看板。

店内への入口は建物の真ん中くらいにあります。

券売機

丸幸ラーメンセンターは食券制。中に入ると券売機があるので食券を購入します。メニューはラーメンをはじめチャーシューメン、特製ラーメン、満腹ラーメン、ラーメン定食、ワンタンメン、餃子、焼きめし、チャンポン、中華丼、焼きそばなどなど豊富です。今回はラーメン(420円)と焼きめし(530円)の食券を購入。

券売機の向かいには写真付きのメニュー表がありました。

店内

飲食スペースに入るとまず正面にお茶コーナー。ここには販売されているハリハリ漬や紅ショウガなども置いてありました。

入口から左手にはズラリとテーブル席が並びます。めちゃくちゃ広いですね。

レンゲや取り皿などはセルフサービス。

ウォータージャグのところにレンゲやお皿もあります。もちろんお水もウォータージャグからセルフサービスです。

替え玉はプラス120円。食券を買いに行かなくても現金でお願いできます。

卓上には紅ショウガとたくあんが用意してありました。

追加で辛子たかなやメンマ、きくらげ、煮玉子、チャーシュー、ワンタンなどがトッピングできます。

豚骨コラーゲンの応用でしょうか。美美美習慣というゼリーもあるようです。

ラーメンと焼きめし

こちらが丸幸ラーメンセンターのラーメンと焼きめし。

ラーメン

ラーメンのトッピングはチャーシューにネギとシンプル。

少しトロみのあるスープは、淡い豚骨のおダシのような風味が一斉に広がってまいります。塩気も程よくきいていて、何より旨みが出まくっている。柔らかくてまろやかな味わいに仕上がっています。後にはほのかに豚骨の甘みが楽しめました。

麺はやや細めのストレート。今回は硬めをお願いしています。チュルンとさもありつつ、しっとりともしている。そして香り高い印象です。時間とともにスープに馴染んできました。

チャーシューはあっさりめの味付け。程よい歯ごたえが楽しめます。素材そのものの風味が味わえました。

焼きめし

焼きめしをお願いするとソースも一緒に持ってきてもらえます。

焼きめしはふっくらとしていて、パラッとした仕上がり。

醤油風の香ばしさがフワッと抜けていきます。塩コショウがきいていてしっとりとした味付け。それでいて口当たりはさっぱりめなのでラーメンと一緒に食べてもくどさはありませんでした。

お土産ラーメン

丸幸ラーメンセンターでは色々なお土産商品も販売されています。入口と出口は別になっていて、出口にはそのお土産商品が陳列されていました。

新商品もあるので、たえず新しい商品を開発されているんでしょうね。

多くの座席数と広い駐車場を誇る丸幸ラーメンセンター。大型車の方もお気軽に立ち寄れる貴重なお店だと思います。丸幸ラーメンセンターの母体はかつて久留米の文化街近くにあった幸陽軒。一時は幸陽軒と丸幸ラーメンセンターの双方を営業されていたようですが、残念ながら幸陽軒は閉店。丸幸ラーメンセンターは幸陽軒の味を今に伝えているのですね。丸幸ラーメンセンターは佐賀県の基山町に位置していますが、昔から続く久留米ラーメンを味わえるお店ということです。これからも様々なシーンでお客さんの胃袋を満たしていただきたいですね。

他の日の訪問

丸幸ラーメン基山本店|佐賀県基山町|ラーメン

  • 訪問日 :20170512
  • 店名  :丸幸ラーメンセンター 基山本店
  • 住所  :佐賀県三養基郡基山町小倉1642
  • 電話番号:0942-92-2855
  • 営業時間:9:00~23:30
  • 休業日 :火曜(祝日の場合、翌日)
  • 駐車場 :有(大型トラックも可)