米中、制裁関税の発動を保留

ムニューシン財務長官が明言

 【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、米CNBCテレビのインタビューで、米中両政府が17、18日の貿易協議で「追加関税の発動を保留することで合意した」と明言した。米国は知的財産権侵害を理由に幅広い中国製品に25%の追加関税を課す制裁の発動を当面見合わせ、中国は報復措置を取らない。

 中国の劉鶴副首相も協議終了後に「両国は貿易戦争をせず、互いに追加関税措置を停止するとの共通認識に達した」と述べていた。ただ、中国が米国からの輸入を約束通りに大幅に増やさない場合、両国の緊張が再び高まる可能性がある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS