赤のれん和亭|福岡県福岡市|ラーメン定食

©岩下雄一郎

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

日本中のラーメンを食べ歩いてるラーメンプログラマーです。 大豆を蒸すビーンズボイラニストとして勤務後にプログラマーに転職。何も決めずに退職したらフリーランスになってました。 定職なし、金なし、車なしと色々ないですが「ラーメン食べて飯を食う」という夢はあり。ラーメンをススって楽しく生きています。

岩下雄一郎の記事一覧を見る

こくてつ通り沿いにある赤のれん和亭

福岡県福岡市博多区にある赤のれん 和亭に行ってまいりました。JR博多駅から徒歩で約15分弱くらいにあるお店です。

店頭にも写真付きでメニューの案内が出てました。

駐車場はありますが1台のみ。駐めれたらラッキーですね。

赤のれん和亭の営業時間は11:30~15:00、17:00〜23:00までで、定休日は日曜日。17:00からは居酒屋風のメニューも提供されているそうです。

博多ラーメン発祥といわれる赤のれん。創業60年を超える歴史あるお店です。

縦長な店内

店内に入ると正面には厨房を囲むようにカウンター席。縦長なレイアウトになっています。

左手にはテーブル席がありました。

多彩なメニュー

メニューはラーメンをメインにネギラーメン、もやしラーメン、温玉ラーメン、高菜ラーメン、きくらげラーメン、メンマラーメン、キムチラーメン、チャーシューメン、ワンタンメンと豊富です。ご飯物は炒飯、中華丼、焼豚丼、ライス、おにぎり。ちゃんぽんや皿うどん、パリパリやきそばもあります。野菜炒め定食やレバニラ炒め定食、豚肉の生姜焼き定食など定食メニューも充実。飲み物はビールに焼酎、日本酒、ハイボール、ソフトドリンクと揃っています。ランチセットはAランチとラーメン定食があり、今回はそのラーメン定食(720円)を注文。

調味料

卓上には紅ショウガ、ゴマ、コショウ、唐辛子などの調味料が用意してありました。

ラーメン定食

ラーメン定食はラーメンに餃子、炒飯という内容になってます。

赤のれん和亭のラーメン

こちらが赤のれん和亭のラーメン。トッピングはチャーシューにネギとシンプルです。

少しトロみがありまろやかな味わいのスープ。ベースにはダシのような風味があり、豚骨の旨みが存分に味わえます。醤油ダレもきいていて、ほのかにニンニクの香りもある。そして、そこにじんわりと甘みが広がってまいります。豚骨を楽しめつつもクセのないスープでした。

麺は極細のストレート。茹で上がりはやや柔らかめでしょうか。平べったい形をしていて、ペロンとした食感が楽しいです。ススったときの感じや、舌触りのいい麺でした。

チャーシューはほんのり甘めの味付け。厚みがありますが、それでいて柔らかい仕上がりです。かすかに素材そのものの風味も味わえました。

餃子

餃子は3つ入り。

ほどよいサイズ感で食べやすい餃子でした。

炒飯

チャーハンのご飯はやや柔らかめ。

全体的に香ばしくてコクがあります。塩コショウもほどよくきいていました。

さすが博多ラーメン発祥といわれる赤のれんの系譜を受け継ぐ赤のれん和亭。昔ながらの博多ラーメンを食べることができます。博多ラーメンといえば細麺というイメージがある方が多いと思いますが、たしかに細くはあるものの本来のスタンダードは平打麺。博多ラーメンの歴史を感じることができました。

  • 訪問日 :20170114
  • 店名  :赤のれん 和亭
  • 住所  :福岡県福岡市博多区博多駅前4-24-10
  • 電話番号:092-474-6454
  • 営業時間:11:30~15:00 17:00〜23:00
  • 休業日 :日曜日
  • 駐車場 :有(1台)