柳瀬氏「国会答弁がすべて」

愛媛新文書の国会提出に

©一般社団法人共同通信社

取材に応じる柳瀬唯夫元首相秘書官=22日午後、経産省

 愛媛県が加計学園の獣医学部新設を巡る新文書を国会に提出したことについて、当時首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官は22日、「国会で記憶の限りを尽くして誠心誠意お答えした。それがすべて」と話し、これまで説明してきた内容の正当性を強調した。経産省で記者団に答えた。

 新文書には、柳瀬氏が県職員と直接やりとりした様子が記述されている。2015年2月に安倍晋三首相が加計孝太郎理事長と面会し、加計氏が国際水準の獣医学教育を目指すと説明したとの記載もあった。柳瀬氏は「同席もしていないし、話をうかがった覚えもない」と話し、首相の指示を否定した。