おすすめ!博多ラーメンのお店まとめ|福岡県福岡市

©岩下雄一郎

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

日本中のラーメンを食べ歩いてるラーメンプログラマーです。 大豆を蒸すビーンズボイラニストとして勤務後にプログラマーに転職。何も決めずに退職したらフリーランスになってました。 定職なし、金なし、車なしと色々ないですが「ラーメン食べて飯を食う」という夢はあり。ラーメンをススって楽しく生きています。

岩下雄一郎の記事一覧を見る

私、岩下雄一郎が実際に訪問して食べたラーメン屋さんから、博多ラーメンが食べれるお店をまとめました。今後のラー活(ラーメン活動)を通して随時更新していきたいと思っております。私の主観ではありますが、博多ラーメンの特徴がより感じられるお店をまとめるよう心掛けました。

博多ラーメンとは

言わずと知れた豚骨ラーメンの有名処、博多。日本三大ラーメン(札幌・喜多方・博多)としても名高いですね。博多における豚骨ラーメンの元祖は当時屋台で営業されていた赤のれんといわれています。つまり博多ラーメンの元祖ともいえますね。

特徴としてはまず白濁した豚骨スープがあげられます。豚骨ラーメンの発祥である久留米の影響もあるのでしょう。個人的に博多は濃いめな豚骨スープで、旨みを前面に押し出したラーメンが多いように感じます。

麺は細めのストレート。湯気通し・粉落とし・ハリガネ・バリカタ・カタ・普通・やわなど硬さを注文できるのも大きな特徴です。現在ほとんどのお店で丸麺を使用されていますが、もともとは平打ち麺がスタンダードでした。今は一部のお店がその平打ち麺スタイルを継承されています。替え玉は長浜ラーメン発祥ですが、博多は長浜と近いこともあり多くのお店で替え玉することが可能。長浜ラーメンは博多ラーメンの派生という見方もできるので、替え玉は逆輸入といってもいいかもしれませんね。またラーメンに紅ショウガや辛子高菜をトッピングしたのは博多ラーメンが元祖ということです。

博多ラーメンと長浜ラーメンの違いについて

同じようで実は違った博多ラーメンと長浜ラーメン。以前は明確に分かれていたようですが、今は混麺化が進みはっきりと区別するのは難しいように思います。単純にお店が博多ラーメンとうたっていれば博多ラーメン、長浜ラーメンとうたっていれば長浜ラーメンと考えてもいいでしょう。

個人的には博多ラーメンが旨みを前面に出した濃厚なスープ、対して長浜ラーメンは豚骨のダシの風味がより感じられるという印象。そのためお店によって若干の差はあれど、全体的に博多ラーメンのほうがコクがあって濃厚なように思います。

昔ながらの博多ラーメンが食べれるお店

元祖赤のれん天神本店

福岡の中心部・天神にある元祖赤のれん天神本店。博多における白濁豚骨ラーメンの元祖といわれていてます。看板には「創業昭和21年」文字。とても長い歴史を誇る老舗です。

ラーメンのスープはちょっぴりトロみがあって豚骨の香りが立ち込める。濃厚な味わいでまろやかさも楽しめます。

麺は細めのストレート。現在では珍しい平打ちで、昔ながらの博多ラーメンがススれます。

電話番号:092-741-0267
営業時間:11:00~24:00
休業日 :不定休

赤のれん和亭

こちらの赤のれんの流れをくむ赤のれん和亭(なごみてい)。博多駅からも徒歩圏内で、歩いて約15分ほどの場所にあります。

ラーメンのスープはまろやかで豚骨の風味、旨みが存分に楽しめる。ちょっぴりトロみもあります。

麺は細めのストレート。赤のれんということでこちらも平打ち麺です。ペロンとした食感が楽しい麺でした。

電話番号:092-474-6454
営業時間:11:30~15:00 17:00〜23:00
休業日 :日曜日

博龍軒

福岡市東区にある博龍軒。最寄り駅は福岡市地下鉄箱崎線の馬出九大病院前駅で、馬出中央商店街のすぐそばにあるお店です。

ラーメンのスープは柔らかい口当たりで、淡い旨みが味わえる。まろやかさがありつつ豚骨は主張しすぎていないです。

麺は細めのストレート。こちらも昔ながらの平打ち麺で、ススったときの食感が楽しいです。

電話番号:092-651-3502
営業時間:11:00~16:30 ※麺がなくなり次第終了
休業日 :月曜日

交通の要衝 博多駅周辺

博多一双本店

博多駅からも徒歩圏内にある博多一双 博多駅東本店。行列必至のお店で、並ぶ場合は先に店内の券売機にて食券を購入するのがルールです。

ラーメンのスープはまるで卵のようなまろやかさがある味わい。少しトロみがあって、コクがあり濃厚です。

電話番号:092-472-7739
営業時間:11:00~24:00
休業日 :不定休

一幸舎 博多本店

博多駅前の近くにある有名店、一幸舎 博多本店。博多駅からは徒歩で約5,6分ほどの場所にあります。

ラーメンのスープは豚骨のダシのような風味がスーッと一直線にやってくる。甘みや豚骨特有の甘みも楽しめます。

電話番号:092-432-1190
営業時間:(月~土)11:00~24:00
     (日)11:00~21:00
休業日 :無休

二男坊 博多本店

こちらも博多駅から近い二男坊 博多本店。博多駅からは徒歩で約5分くらいの場所にあります。

ラーメンのスープは少しトロみがあって、旨みが一気に広がってくる。ほどよいこってり感で甘みも味わえます。

電話番号:092-473-5558
営業時間:(月~土)11:00~24:00
     (日・祝)11:00~21:00
休業日 :不定休

しばらく祇園店

博多駅と地下鉄空港線の祇園駅の中間くらいにあるしばらく祇園店。博多駅からは徒歩で約10分くらいです。

ラーメンのスープは最初さっぱりとした感じですが、濃厚でこってりさもある。ダシのような風味や塩気もほどよくきいてます。

電話番号:092-481-3004
営業時間:(月~土)11:00~24:00
     (日・祝)11:00~19:00
休業日 :無

有名店がいならぶ中央区

博多だるま本店

有名店である博多だるま本店。最寄り駅は地下鉄七隈線の渡辺通駅で、徒歩約5分くらいの場所にあります。

ラーメンのスープはすっきりとした口当たり。骨粉が丼のそこに沈んでいます。それでいてクセのない味わいでした。

電話番号:092-761-1958
営業時間:11:30~24:30
休業日 :元旦

ShinShin天神本店

天神の有名店であるShinShin。地下鉄空港線の天神駅からは徒歩で約5分、JR天神駅からでも7,8分で行くことができます。

ラーメンのスープはいわゆるこってり濃厚な味わい。コクがあって特有の甘みも味わえます。油膜のおかげでアツアツなのも嬉しいですね。

電話番号:092-732-4006
営業時間:11:00~3:00
休業日 :日曜

秀ちゃんラーメン

博多だるまの系列店である秀ちゃんラーメン。こちらも有名なお店で、警固交番前交差点のすぐ近くにあります。

ラーメンのスープは豚骨からのダシのような風味がきいている。旨み、こってり、そして甘みも楽しめます。

電話番号:092-734-4436
営業時間:(平日)11:30~15:00 19:00~1:00
     (土・日・祝)11:30~1:00
休業日 :元旦

名代ラーメン亭天神店

天神ビブレの地下にある名代ラーメン亭天神店。アクセスも抜群で便利のいい場所にあるお店です。

ラーメンのスープはまず豚骨の旨みがグワッとやってくる。そこから徐々にコクやこってりさが味わえるようになってきます。

電話番号:092-751-2307
営業時間:10:00~20:00
休業日 :不定休(ビブレに準ずる)

郊外にある老舗

安全食堂

福岡市西区にある安全食堂。福岡の中心地からは少し離れており、最寄り駅は九大研究都市駅です。写真の通り行列必至の有名店。

ラーメンのスープは塩気がよくきいていつつまろやかな味わい。こってり感もあって豚骨特有の甘みも楽しめます。

電話番号:092-806-2511
営業時間:11:00~16:00 ※売切れ次第
休業日 :水曜日

ふくちゃんラーメン田隈本店

福岡市早良区にある老舗、ふくちゃんラーメン田隈本店。福岡の中心地からは離れていて、最寄り駅は福岡市地下鉄七隈線の賀茂駅です。

ラーメンのスープはふんわりとした口当たり。豚骨っぽさを存分に楽しめつつも、けしてしつこさのない味わいです。

電話番号:092-863-5355
営業時間:11:00~21:00
休業日 :火曜日