元祖長浜屋|福岡県福岡市|ラーメン

©岩下雄一郎

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

日本中のラーメンを食べ歩いてるラーメンプログラマーです。 大豆を蒸すビーンズボイラニストとして勤務後にプログラマーに転職。何も決めずに退職したらフリーランスになってました。 定職なし、金なし、車なしと色々ないですが「ラーメン食べて飯を食う」という夢はあり。ラーメンをススって楽しく生きています。

岩下雄一郎の記事一覧を見る

長浜ラーメンの老舗 元祖長浜屋

朝ラーをするために福岡県福岡市中央区の元祖長浜屋に行ってまいりました。

営業時間は朝の4:00から深夜の1:45まで。しかもやれるところまで時間を延長されるそうです。

価格変更のお知らせもされてました。以前は1杯400円だったんですね。

メニュー

メニューはラーメンのみ。当然のように替玉があり、替肉まであります。今回はラーメン(500円)の食券を購入。

卓上

卓上にあるこのやかんにお茶が入っています。

長浜ラーメンにかかせない紅ショウガやゴマ、コショウなどの調味料も常備。

ラーメン

席に着いてからラーメンが出てくるまでが早いです。こちらが元祖長浜屋のラーメン。トッピングはチャーシューにネギとなってます。

スープはもちろん豚骨ベース。豚骨の風味がガツンとくるタイプではなく、ジワジワとくる感じ。ダシというか旨みがよく出ていて、それがジワーっと口いっぱいに広がってきます。同じ福岡のラーメンでも、久留米や博多のそれよりもあっさりめでしょう。塩気も程よく、シンプルながらも懐の深さを感じます。これなら朝からでも無理なくススれそうですね。

麺は細めのストレート。今回はかためをお願いしています。そのお陰か細いながらも小麦粉の息吹を楽しめました。個人的に福岡のラーメンは替玉ありきというイメージがあったのですが、元祖長浜屋の麺はけっこうな量がある印象。この麺の量も長浜ラーメンの特徴なんでしょうか。コストパフォーマンスが高いと思います。

チャーシューと呼んでいいのか肉は細切れ。これが塩気がきいていて、おそらくスープに馴染ませて食べるのでしょう。スープがあっさりめなので、肉の塩気がとけでていい感じになります。

替玉

替玉後には紅ショウガとゴマをトッピング。個人的にこの手のラーメンに紅ショウガを投入するのが一つの楽しみになってきました。シャキシャキとしていて、さっぱりといただけますね。

平日の朝9時半ごろに伺いましたが、次々にお客さんもいらっしゃっていて賑わってました。早朝から深夜まで営業されており、手軽にススれるのは嬉しいですね。昔ながらの長浜ラーメンのスタイルを体験できて良かったです。

  • 訪問日 :20141113
  • 店名  :元祖 長浜屋
  • 住所  :福岡県福岡市中央区長浜2-5-38 トラストパーク長浜1
  • 電話番号:092-711-8154
  • 営業時間:4:00~25:45頃 (やれるとこまで時間延長)
  • 休業日 :年末年始に1週間ほど休業
  • 駐車場 :無(お店の横にコインパーキング(30分100円)あり)