おすすめ!長浜ラーメンのお店まとめ|福岡県福岡市

©岩下雄一郎

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

岩下雄一郎

フリーランスプログラマー

日本中のラーメンを食べ歩いてるラーメンプログラマーです。 大豆を蒸すビーンズボイラニストとして勤務後にプログラマーに転職。何も決めずに退職したらフリーランスになってました。 定職なし、金なし、車なしと色々ないですが「ラーメン食べて飯を食う」という夢はあり。ラーメンをススって楽しく生きています。

岩下雄一郎の記事一覧を見る

私、岩下雄一郎が実際に訪問して食べたラーメン屋さんから、長浜ラーメンが食べれるお店をまとめました。今後のラー活(ラーメン活動)を通して随時更新していきたいと思っております。私の主観ではありますが、長浜ラーメンの特徴がより感じられるお店をまとめるよう心掛けました。

長浜ラーメンとは

長浜ラーメンの誕生は、魚市場が長浜地区に移転したことに端を発します。市場の移転に伴って当初の市場の周辺にあったラーメン店も長浜に移転。そこで独自のラーメン道を歩み発展していきました。当初は市場ラーメンとも呼ばれていたそうです。博多ラーメンの派生系と言えるかもしれませんね。

特徴としてスープは白濁した豚骨。博多ラーメンの影響が色濃いのは明白でしょう。白濁だけに。個人的に長浜ラーメンは豚骨からの淡いダシのような風味がよく味わえるスープが多いと感じます。

麺は細めまたは極細のストレート。忙しい魚市場の方々のために、早く茹で上がるよう麺が細くなったということです。麺が細くなると伸びやすいため、一回の量を少なくし、替え玉というシステムが登場しました。つまり替え玉は長浜ラーメン発祥の文化です。博多や久留米は同じ福岡県なので混同しがちですね。また博多ラーメンと同じく湯気通し、粉落とし、ハリガネ、バリカタ、カタ、普通、やわなど硬さを注文できるお店も多いです。紅ショウガや辛子高菜がトッピングできるお店も多く、やはり博多ラーメンとの共通点も多いですね。

長浜ラーメンと博多ラーメンの違いについて

似て非なる長浜ラーメンと博多ラーメン。以前は明確に分かれていたようですが、現在は混麺化が進みはっきりと区別するのは難しいように思います。お店が長浜ラーメンとうたっていれば長浜ラーメン、博多ラーメンとうたっていれば博多ラーメンという見方でもいいでしょう。

個人的には長浜ラーメンが豚骨のダシの風味がより感じられるスープ、対して博多ラーメンは旨みを前面に出していて濃厚という印象。そのためお店によって差異はありますが、全体的に長浜ラーメンのほうがさっぱりしているように感じます。

激戦区にして本場 長浜地区のお店

元祖長浜屋

福岡県中央区にある元祖長浜屋。通称はガンソ。その名の通り長浜ラーメンの元祖のお店です。リーズナブルで、元祖ラーメン長浜家(大手門)や元祖ラーメン長浜家(中洲)と非常によく似たスタイルでも有名。

ラーメンのスープは豚骨の風味や旨みがジワジワとやってきます。豚骨は主張しすぎずておらず、それでいて豚骨の味わいを堪能できました。

電話番号:092-711-8154
営業時間:4:00~25:45頃 (やれるとこまで時間延長)
休業日 :年末年始に1週間ほど休業

元祖ラーメン長浜家(大手門)

那の津通りそいにある元祖ラーメン長浜家。中洲にも全く同名のお店があるため、こちら通称は家1(ケイチ)といわれているお店です。元祖長浜屋や元祖ラーメン長浜家(中洲)と瓜二つのスタイルでも有名。

ラーメンのスープはさっぱりとした口当たり。豚骨からのダシがきいていて、その旨みを存分に楽しむことができます。

営業時間:24時間
休業日 :無休

長浜ナンバーワン長浜店

同じく福岡市中央区長浜地区にある長浜ナンバーワン長浜店。物理的には元祖長浜屋の隣りにあるお店です。

ラーメンのスープは少しトロっとしていて淡い口当たり。豚骨の旨みとコッテリ感、まろやかさが味わえます。

電話番号:092-725-5545
営業時間:8:30ごろ〜5:00くらい
休業日 :不定休

長浜将軍 長浜本店

こちらも長浜地区にある長浜将軍 長浜本店。長浜ナンバーワン長浜店の隣りにあるお店です。

ラーメンのスープはすっきりとした口当たりで、旨みがスーッとやってくる。どこか香ばしくまろやかさも楽しめます。

電話番号:092-712-3663
営業時間:(月~金)11:00~1:00
     (土)11:00~2:00
     (日・祝日)11:00~12:00
休業日 :第2火曜

一心亭本店

長浜地区にある一心亭本店。ラーメン店密集エリアからはちょっと離れていますが、歩いてもすぐで目と鼻の先です。

ラーメンのスープはすっきりめの口当たり。塩気はほどよく、まろやかで丸みのある味わいです。

電話番号:092-771-5855
営業時間:11:00~1:30
休業日 :無休

博多でも食べれる長浜ラーメン

元祖ラーメン長浜家(中洲)

以前は長浜地区にあった元祖ラーメン長浜家。上川端商店街に移転されました。長浜地区にも全く同名のお店があるため、通称は家2(ケニ)と呼ばれています。元祖長浜屋や元祖ラーメン長浜家(大手門)とほぼ同じスタイルでも有名。

ラーメンのスープには豚骨からの旨みがでまくっている。こってり感もあり、まろやかな味わいです。

電話番号:092-292-7828
営業時間:10:00~5:00
休業日 :無

ラーメン住吉亭

博多区にあるラーメン住吉亭。博多駅の筑紫口側に位置しており、博多駅からちょっと離れていますが歩けなくはない距離です。

ラーメンのスープは淡さがあってすっきり系の口当たり。豚骨の旨みが広がり、まろやかさも楽しめます。

電話番号:092-411-6868
営業時間:11:00~17:00
休業日 :日曜日

一龍亭

福岡市地下鉄箱崎線の馬出九大病院前駅の近くにある一龍亭。駅からは徒歩5分くらいで行けます。

ラーメンのスープは豚骨のダシのような風味がよくきいている。旨みを味わえつつもすっきりとしています。

電話番号:092-641-9595
営業時間:(平日)11:00~21:00
     (土)11:00~15:00
     (日・祝)11:00~20:00
休業日 :年末年始・ゴールデンウィーク

郊外にある長浜ラーメンのお店

長浜ラーメン 名島亭

福岡市東区にある有名店、長浜ラーメン 名島亭。名島運動公園の近くにあるお店です。

ラーメンのスープは柔らかい口当たり。豚骨の風味や旨みが楽しめつつも、クセのない味わいです。

電話番号:092-662-3566
営業時間:11:00~22:00
休業日 :無休

長浜ラーメン福重家

福岡市西区にある長浜ラーメン福重家。福岡の中心地からは少し離れていて、今宿新道という通り沿いにあります。

ラーメンのスープは柔らかい味わいで、ほどよく塩気がきいている。豚骨の旨みがジワジワと広がってきます。

電話番号:092-891-7939
営業時間:10:00~22:00
休業日 :水曜日

元祖長浜屋系のお店について

とてもよく似ていることで話題になることも多い元祖長浜屋、元祖ラーメン長浜家(大手門)、元祖ラーメン長浜家(中洲)の3店。間違いやすいのでここで改めてご紹介したいと思います。

元祖長浜屋の元従業員の方が開業されたのが元祖ラーメン長浜家。その元祖ラーメン長浜家も同名のお店が2つあり、大手門にあるお店が通称・家1(ケイチ)。長浜地区の港から移転され、現在は中洲にあるお店が通称・家2(ケニ)です。ちなみに元祖となる元祖長浜屋は通称・ガンソ。

主な共通点はこんな感じです。
・お店によって異なるものの営業時間が長い
・替玉に加えて替肉ができる
・チャーシューが細切れ
・チャーシューは塩気がきいている
・(人によりますが)チャーシューの塩気をスープに馴染ませて食べる
・卓上に紅ショウガ、コショウ、ゴマが用意されている(入れ物もそっくり)
・(人によりますが)紅ショウガをたっぷりトッピング
・似たような注意書きがある

こちらがその似たような注意書き。写真は元祖ラーメン長浜家(大手門)のものです。

それでは改めてラーメンを見てみましょう。

こちらは元祖長浜屋のラーメン。

元祖ラーメン長浜家(大手門)のラーメン。

元祖ラーメン長浜家(中洲)のラーメン。

盛り付け方やネギの量などは若干違うものの、よく似ていますよね。とはいえそれぞれ違うお店なので、似てはいますがラーメンの味も違ってきます。どこのお店が良いとかではなくて、ご自分の好みの一杯を見つけるのも面白いと思います。