「アップで撮らないで」日大選手会見のテレビ中継に批判殺到

image

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手を悪質なタックルによって負傷させた問題。5月22日、反則行為をした日大の選手の記者会見が行われた。

日大の選手は「本件でけがをさせてしまった関西学院大学の相手のクオーターバックの選手や家族、関係者に対して多大な迷惑をかけたことをおわびいたします」と冒頭に謝罪。反則行為について内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明した。

まだ学生である選手が顔と実名を出して謝罪をするという異例の事態となった今回の会見。このことについて、会見冒頭で代理人の弁護士は「長い将来のある若者です。ずっとアップで撮るようなことは避けていただいて」と配慮するよう呼び掛けていた。

しかし『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)や『グッディ』(フジテレビ系)では弁護士の経緯説明や質疑応答でも選手の顔をアップで放送。ネットでは怒りの声が上がっている。

《…芸能人でも犯罪者でもないんだから配慮しろよ!!》

《本人が話してる間も、報道陣が話してる間もずーーっとどアップで選手映してる!ミヤネ屋こわい》

《マスコミの配慮のなさ、彼への責任のなさに怒りを通り越して呆れました。情けない》

アップで放送し続けるテレビ各社に対し、経緯説明の間は弁護士のみを映すなど配慮を見せていたニコニコ生放送に称賛の声が上がっている。

《ニコ生が一番ましだった》

《ニコニコ動画が1番まとも》

《日大アメフト部の記者会見、モラルのあるメディア、ないメディアがはっきりわかるね

今後ニコ生を積極的に使っていきたいと思った》

勇気と誠意を見せた日大選手の今後に、周囲から然るべき配慮がなされることを願うばかりだ――。

©株式会社光文社

Curated by

economy

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。