競泳の古賀選手が薬物陽性

意図的摂取は否定

©一般社団法人共同通信社

ドーピング検査で陽性反応が示されたことについて、記者会見する競泳男子の古賀淳也選手=23日、東京辰巳国際水泳場

 日本水泳連盟は23日、競泳男子で2016年リオデジャネイロ五輪代表の古賀淳也選手(30)がドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。古賀選手は記者会見して禁止薬物の意図的な摂取を否定し「信じられない。今までドーピングに対して厳しく考えていたので、自分自身の体から禁止物質が出たことに恥ずかしく情けない気持ちと悔しさがある」と述べた。

 古賀選手は国際水泳連盟から暫定資格停止処分を受け、今夏のアジア大会に出られなくなった。古賀選手の代理人によると、3月2日の世界反ドーピング機関よる抜き打ち検査で、尿検体から筋肉増強効果のあるタンパク同化薬が検出された。

競泳男子の古賀淳也