NHK、図書カード生徒名を放送

司書らが配慮要望

 NHK番組が中学校の図書室の貸し出しカードを放送し、生徒の個人名が読み取れる状態だったとして、学校司書らでつくる学校図書館問題研究会が、プライバシーへの配慮を求める文書を同局に送ったことが23日、分かった。文書は7日付。

 番組は4月23日に放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」。北海道の中学校の図書室で貸し出しカードを撮影、放送した。

 同研究会は文書で、図書館の貸し出し記録が「個人の思想・信条につながるセンシティブな情報」で「本人の同意なく提供、公開することは読書の自由を脅かす」と指摘。再放送の際には個人名をぼかすことなどを求めた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。