働き方法案、採決持ち越し

野党、委員長解任案を提出

 立憲民主、国民民主など野党6党派は23日、安倍政権が最重要法案と位置付ける働き方改革関連法案を巡る与党の国会運営に反発し、高鳥修一衆院厚生労働委員長(自民党)の解任決議案を衆院に提出した。これを受け厚労委は散会し、法案の採決は持ち越された。与党は24日の衆院本会議で解任決議案を否決し、翌25日の厚労委で働き方法案を採決する方針。

 野党6党派は解任決議案の提出理由で、高鳥氏が職権による厚労委開催を繰り返したなどと批判。「委員会運営は横暴かつ強引極まるもので、決して容認できない。言論の府である国会の権威を踏みにじる」とした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る