日大の内田前監督、大学職務停止

反則指示改めて否定、コーチ辞意

©一般社団法人共同通信社

日本大アメリカンフットボール部の反則問題を巡り、記者会見で質問に答える内田正人前監督。左は井上奨コーチ=23日夜、東京都千代田区

 日本大アメリカンフットボール部の選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大は23日、内田正人前監督と井上奨コーチが東京都内で緊急記者会見を開き、内田前監督は大学の常務理事の職務を一時停止して謹慎する意向を示した。井上コーチは辞任を表明した。関学大の選手を危険なタックルで負傷させた宮川泰介選手への意図的な反則指示を改めて否定。宮川選手や関学大の選手、保護者らには謝罪した。

 内田前監督は自らの去就について、日大の第三者委員会の調査結果を待った上で「大学側の判断に任せる」と話した。

 会見では「ルールを守るという原則でやっている」と強調した。