遺伝性乳がん薬、初の承認

厚労省、検査にも保険適用

 厚生労働省の部会は23日、再発卵巣がんの治療薬として承認されている「オラパリブ」を遺伝性乳がんにも適用拡大することを了承した。約1カ月後に正式承認され、保険適用になる見通し。親から子に受け継がれた遺伝子の変異が原因で起きる「遺伝性がん」をターゲットとした治療薬の承認は国内初。

 遺伝性の乳がんかどうか血液を採取して調べる検査法を保険適用することも中央社会保険医療協議会で了承された。検査費は約20万2千円。

 アストラゼネカ(大阪市)が申請していた。手術が困難か、再発した遺伝性乳がん患者を対象に、1日2回、経口投与する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る